ステージ

将来の夢を叶えるステップになる|キッズモデルとして活躍する

役者を決める作業

舞台

競合に気をつけること

キャスティングとは、商品の宣伝をする際により多くの人に知ってもらいアピールする為にも俳優やタレント、モデルなどを起用することを言います。有名人であれば、人気が高く宣伝効果をあげることが出来るからです。イメージが合えば、莫大な利益を生むことも可能なのでキャスティングは非常に重要な工程になります。基本的に、イメージに合うような人を起用することになりますが競合に気をつける必要があります。どの会社でもイメージキャラクターとしている人物が居ますが、他の企業と被ってしまうといけないので避けて別の人物を選ぶ必要もあります。どこまでの範囲を競合にするのかは事前にしっかり話し合いなどを行うなどして決めることが大事です。

専門会社が行う

キャスティングは、書類選考を行いオーディションを行ってその中から最終的にイメージに合う人物を選ぶことになります。候補者を最終的に決めるまでには、何度もオーディションが繰り返し行われることもあります。基本的には、キャスティングに関しては専門会社が行うのが一般的でありオーディションの進行も専門の会社が行います。キャストが決まった後も、仕事のサポートを行い出演する広告などの契約をしっかりと確認して管理を行うこともキャスティングの仕事の一つです。キャストを選ぶところから、宣伝が出来上がるまでがキャスティングになるので規模や予算が大きければ大きいほどその分時間もかかり計画の練り直しが行われることもあります。もし、企業の広告などにモデルを使用したい場合や自身が広告のモデルに起用されたいと思った場合は、キャスティング業者に問い合わせをしてみるとよいでしょう。